ストレスチェックのメリットとは?

ストレスチェックを受けることによって、労働者側が受けるメリットは、主に4つあります。


第一に、ストレスチェックの結果によって、自身のストレス状況や心の健康度を把握し、セルフケアを図ることができます。


過剰なストレスがかかり続けると、自覚なしに心身が疲弊し、心の病を発症してしまうことがあります。

一つ上のストレスチェックについて知るならこのサイトです。

定期的にストレスチェックを受けることにより、自身のメンタルヘルスを把握し、健康管理に役立てることができます。

第二に、個人情報が企業側に知られる心配がありません。

産経ニュースに関する情報を参考にしてみてはいかがでしょうか。

ストレスチェックを実施するのは、医師や看護師、保健師、精神保健福祉士です。

労働者への人事権をもつ人は、検査の実地や、実地の事務を行うことはできません。



また検査結果も、本人の同意なしには企業側に通知されませんので、安心して受けられます。
第三に、検査の結果が高ストレス状態であれば、医師の面接を受けられます。

医師の判断によって、労働時間の短縮や療養の必要性が検討され、就職上の処置が判断されることもあります。

これらの措置によって、労働者側が不利益な取り扱いを受けることは禁止されています。労働者側に不利益が生じず、医師から企業側に処遇改善・環境改善の必要性を伝えてもらえます。


最後に、職場環境全体の改善につながることです。

企業側はストレスチェックの分析結果を、職場環境の把握に活用できます。また個人情報は秘匿されるため、個人の検査結果が特定されることがないように配慮されます。企業側にとっても、この制度を利用して労働者が健康に活躍できることで高い生産性を実現し、企業価値の向上にもつながっていく、重要な活動といえます。